システムのセキュリティ対策と侵入の対策

インターネットを利用するということでは、セキュリティ対策でのウイルスの侵入を完全に防ぐということはできないということが一般的な考え方になっています。それで侵入をしても、効果的な動きができなければ、被害も出ないということになるので、侵入した後の対策をどうするかということがポイントになっています。できるだけ侵入したウイルスを無力化するということですが、早ければ早いほど良いということも重要なポイントになります。

そのためには、ひとつのアンチウイルスソフトでは難しいということで、いくつかの有力なアンチウイルスソフトを利用して検査をするということや、アンチウイルスソフトを販売している業者の無料のアンチウイルスサービスなどを利用して、常にウイルスが侵入していなっかどうか調べるということも試してみるとよいかもしれません。そのようなシステムの導入も有効です。

ウイルスの検出率が、ソフトによって違ってくるので、複数のソフトを利用する必要がありますが、その場合には常駐型だと、ひとつしか利用できないということもあるので、非常駐型などを利用して、検査をしてみるという方法もあります。その他ブラウザなどの設定を変えてしまうというものもありますので、それらを元に戻す方法なども知っておくと便利です。

お役立ちサイト